借金問題

グレーゾーン金利の借金で発生する過払い金

お金を借りた場合は、利息を加えて返済するという事が基本的なルールです。

 

利息制限法は、立場が弱い借り手を守るために施行された法律であり、元本が10万円未満であれば年20パーセント、10万円以上100万円未満は年18パーセント、100万円以上の場合は年15パーセントが上限とされています。
これ以上の金利で支払った利息は過払い金と呼ばれており、払い過ぎた金額として取り戻す事が出来ます。

 

消費者金融や信販会社を規制するために、出資法という法律が存在しています。出資法で定められている上限金利を超えた貸し付けを行った場合は、その貸金業者は刑事責任を問われる事になります。ところが、出資法の上限金利は利息制限法を大きく上回る29.2パーセントという数字が設定されていたために、貸金業者の商品は利息制限法を超えた金利でサービスが提供されていました。

 

利息制限法を超えた金利の事は、グレーゾーン金利と呼ばれており、法律に抵触しているが刑事罰には問われないと認識されていました。2006年に、貸金業法及び出資法の改正が行われて、2010年に完全施行されています。これにより、グレーゾーン金利は完全に撤廃されています。また、法改正以前の借金に対しては、過払い金の請求を行える事が求められています。

 

過払い金の請求を行う事は、借金返済が困難となった場合の手続きである債務整理とは異なり、信用情報機関に記録される事はありません。借金を軽くするのではなく、払い過ぎていた借金を返してもらうだけだからです。